images1

Articles

Main Content

医療グループは保険機関の脊椎手術基準と対立する

九つの医療連合はノースカロライナの保険機関によって制定された脊椎癒合手術に関する新しい制約に対して論争を起こしており、制約が患者の治療を制限し、同様の動きが他の州に広がっていく可能性を懸念している。

医療グループが1月1日に施行されるノースカロライナ・ブルークロス及びブルーシールドによる新制約を変更させることができるかは不明である。しかし、医師たちが脊椎癒合手術市場に対する保険機関の圧力に抵抗する姿勢を見せていることは明らかである。NuVasive社(NUVA)を含む脊椎関連機器メーカーは保険機関が脊椎関連の機器が必要以上に使用されていることを懸念して条件を厳しくしていると言及している。

医師たちは、とりわけ条件の厳しいノースカロライナでの新保険証券が影響を広げると、すでに規制の厳しかった市場をさらに圧迫すると懸念している。
テネシー州ナッシュビルのバンダービルト大学メディカルセンター脳神経脊椎プログラムを管理するジョセフ・クレイグ氏は、「地元の一地域でこのような保険証券が発行されれば、他の地域でも同じような動きが広まるだろう。」と述べている。クレイグ氏は手紙に署名をしたアメリカ脳神経外科医連合の規約、償還部門の一員でもある。

先週送られた手紙はアメリカ整形外科医連合及び脊椎側湾症研究協会、北米脊椎協会を含む他のグループによっても署名がされている。手紙では新保険適用規約の「基準及びガイドラインに関して懸念を表明している」とあり、より柔軟性のある書式を提案した。

この保険証書は詳細にわたり腰背部に癒合手術を施すべき場合とそうでない場合を記している。変性椎間板疾患患者への適用を除外する一文も存在する。また患者が施術前に必要な新たな適用条件も存在する。

ノースカロライナ・ブルークロス、ブルーシールドのスポークスマン、ルウ・ボーマンは、新証書は幾人かの脊椎外科医の審理を受けてのものであると述べている。また医学的研究結果を調査、反映してのものとも述べた。ボーマンはまた、保険機関からの手紙に対し電子メールで、医学連合の代表者たちと1月に会合を持つ予定であるとも加えている。

「いかなる懸念にも耳を傾ける」とボーマン氏は述べた。また現段階では結果としていかなる変更が加えられるとも憶測はできないとも付け加えた。
ジェフリーズ証券会社アナリストのラージ・デンホイ氏は、医師たちが一つになって「おそらくこれまでで最も厳しく書面に記載された」ノースカロライナの保険証書に対抗しているのは良い兆候であると述べている。

デンホイ氏はまた「これまで保険の脊椎手術市場からの後退において書面に反映されてこなかったのは、医療脊椎コミュニティーの反応である。」と調査資料の中で記している。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

subscribe

JOIN OUR MAILING LIST.

Be the first to learn about health and scoliosis research and special events.