images1

Articles

Main Content

新カルシウム提案:防止委員は大多数の人はカルシウムサプリメントを必要としないと報告する

長年の間、カルシウムサプリメントを摂取しない女性は更年期に股関節骨折の危険性を高めていると言われてきた。新たな主要行政委員によると、その心配は不要と言う。カルシウムサプリメントが骨折の可能性を低くすることを示すはっきりとした裏付けはないと米国予防医療専門委員会は報告している。この報告はアナルズ・オブ・インターナル・メディシンによって月曜日インターネット上で配信された。これはカルシウムサプリメントが主な顧客とする閉経後の女性にも当てはまる。予防医療専門委員会の一員で、ウィスコンシンーマディソン大学看護科名誉教授でもあるリンダ・ボウマンは「使用してはいけないというわけではない。だが存在すると思っている利点に確証が無いことを考えるべきだ。」と述べる。一日最大1000ミリグラムのカルシウムと最大400IUのビタミンDの摂取は、健康な人の骨折防止にはまったく影響が無く、若干腎臓結石のリスクを高める結果となったと予防医療専門委員会は報告している。

これは米国医学研究所2011年の報告による閉経後の女性が摂取すべきカルシウム量1,200ミリグラムより若干少ないに過ぎない。委員会は連邦政府に治療のリスクや効果に関する独自の推奨を行っており、今回のような報告には常に次のような注意が追加されている。— すでに骨粗鬆症を持つ患者あるいはビタミンDが欠乏している患者には適用されない。また、65歳以上で転倒の恐れのある患者にも適用しない。専門委員会はカルシウム及びビタミンDサプリメントの早期投与が有効か再調査を望んでいるはずであるとボウマンは語る。十代のカルシウム摂取量は成長段階にあるにもかかわらず極端に少ない。ボウマンは「摂取量及び摂生は不確かである。」と述べる。専門委員会が頼りにする研究結果は、どれほど、いつ、投与が行われたかが一定でない。またほとんどのカルシウムと骨の健康に関する研究が白人女性を対象に行われているため、男性及び少数民族に関するデータが不足している。ビタミンDは近年流行のサプリメントになっており、癌や心臓疾患、糖尿病に効果があると宣伝されている。一日50,000IUまでの摂取を推奨する医師も存在する。米国医療専門委員会はビタミンDの癌に対する影響を調査しており、結果を待つ必要がある。編集された結論によると、「さらなる研究の結果を待つ間、米国医療専門委員会の慎重で結果に基づいた報告は、医療関係者が健康な患者にカルシウム及びビタミンDサプリメントの摂取を推奨する前に注意深く考えるよう促すものである。」と書いている。2011年米国医学研究所報告の著者であり、メイン・メディカルセンター調査委員会で骨粗鬆症の研究を行っているクリフ・ローセンは「カルシウムサプリメントはそれほど流行していないものの、一日に3錠、4錠、中には5錠ものカルシウムを摂取している女性が見られる。」と報告している。過剰の摂取は腎臓結石の危険性を17%増加させるとローセン氏は述べる。また、カルシウムサプリメントが心臓疾患につながると可能性があるとする研究結果も存在する。食物に含まれるカルシウムはこれらの問題を引き起こさないようである、とローセン氏は話す。老若男女を問わず最善のアドバイスは、カルシウムを自然食品から摂取することである。「グラス一杯の牛乳には300ミリグラムのカルシウムが含まれる。一日グラス3杯の牛乳を飲めば済む話である。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Health on your hand