images1

Articles

Main Content

特発性脊柱側弯症においてのカルシウムとビタミンD補充を用いた効果的な進行予防治療-無作為化二重盲検プラセボ対照研究

Bone Abstracts(2017)6 OC8 | DOI:10.1530 / boneabs.6.OC8

目的:思春期の特発性脊柱側弯症(AIS)は、骨量の低下と関連しています。この研究は、 AIS患者の骨強度を改善し、湾曲進行を予防する上でのCa + Vit-D補充の治療効果を研究します。

方法:この無作為化二重盲検プラセボ対照調査では大腿骨頚部BMDZスコアが0未満でコブ角≧15°のAISを持つ女性患者(11-14歳、タナーステージ 50nmol / l(N = 29)の患者には、湾曲の進行に差は見られませんでした。 1000mg /日(N = 109)のカルシウム摂取量を基準とした場合、グループ3で19.0%に対しグループ1で54.3%(P = 0.001)でした。 カルシウム摂取> 1000mg /日(N = 23)の患者には、湾曲の進行に差は認められませんでした。

表1:グループ1,2と3の2年間での血清25(OH)Vit-Dレベルおよび有限要素解析(FEA)パラメータの平均変化値。

結論:この研究の結果は、カルシウム+ Vit-D補給がAIS患者が効果的に骨強度を改善し得るという強力な証拠です。 湾曲の進行を防止する治療効果は、FEAパラメータの上昇、低いベースライン25(OH)Vit-Dレベルおよび低いベースライン食餌カルシウム摂取量と相関します。

資金調達元 ファイザー社(IIRGrant:WI174540)。(ClinicalTrials.gov-Identifier:NCT01103115)。

開示:著者は相反する利益を宣言しませんでした。

subscribe

JOIN OUR MAILING LIST.

Be the first to learn about health and scoliosis research and special events.