images1

Articles

Main Content

納豆 - 側湾症患者にとっての強力な味方

大昔、まだ侍がいた時代の日本では、野蛮な日常が繰り広げられていました。戦と常に隣り合わせの生活で、侍はその一生で何百人もの敵を殺したといわれます。武士として生きるために、現在のように加工食品が無かった昔は、自分が仕えて働くことができる戦を探しての移動が多かったに違いありません。また戦に欠かせない馬の健康維持も重要でした。大事な馬への食事には栄養価の高い納豆と似たものが与えられたといわれています。

納豆は近年世界で随分と知られるようになった食品で、内臓の健康だけでなく、骨にも良い食品とされています。ご存知でしょうが、納豆には独特の匂いがあるので、試してみようと思っている方は匂いの強い食品が大丈夫かが問題になります。チーズの強い香りとも比較される刺激臭です。

natto匂いが平気なら、現代食生活でも最も栄養価のある食品のひとつ、納豆をぜひお勧めします。納豆に含まれる栄養素は膨大な量です。スーパーで買える食品のほとんどとは比べ物にならない量のビタミンとミネラルを含んでいます。蒸した大豆によって作られる納豆は、納豆菌が加えられ発酵することで、粘りがでます。

日本人の食生活には古くから納豆がありました。

千年以上の歴史がある食べ物です。前にも書いたように、侍達は馬の健康維持と体力づくりを考え、納豆に近い食品を与えていました。有名な武将、源義家(源頼朝の曽祖父)が納豆のはじまりに関わりがあるといわれており、歴史上のある時期には妊婦の滋養強壮として納豆が使われていたとされます。納豆菌は大豆と結びついて、ナットウキナーゼという酵素を作ります。納豆は肉類と比較しても、繊維質や鉄分をより多く含むので非常に健康に良い食品です。

では納豆が側湾症患者に良いとされるのは何故でしょうか?納豆は骨と関節に素晴らしい効果がある食品だからです。納豆に含まれるカルシウムが骨の形成を助長します。納豆が含むカルシウムの量は他の食品とは比べられないほど大量です。さらに、側湾症患者への利点はそれだけにはとどまりません。ビタミンKが納豆には多く含まれており、ビタミンKの摂取は骨に問題を抱える側湾症患者に素晴らしい効果を与えます。こういった理由から骨と軟骨組織の形成には、納豆の栄養が大きく役立つのです。脊柱側湾症患者に与える納豆の効果を信じる研究者は多くいます。ケビン・ラウ博士も骨の成長に関して納豆が持つ利点を信じている研究者の一人です。現代は若い世代に側湾症が増えており、特に彼らには短期で効果的な治療を必要とするので、すでに入手可能な納豆を食生活に取り入れるという選択は非常に有効で、重視されるべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

subscribe

JOIN OUR MAILING LIST.

Be the first to learn about health and scoliosis research and special events.