images1

Articles

Main Content

脊柱側弯症とお子さんのための注意点

脊柱側弯症はあまり知られていない病気ですが、かかりつけの医師がお子さんの背中をチェックするのはこの病気の有無を調べるためです。

脊柱側弯症について知っておくべきことがら

・脊柱側弯症は脊柱の変形であり、男性にも女性にも起こりうる横方向への弯曲です。弯曲はS字型の場合とC字型の場合があります。
・この弯曲は軽度の場合もありますが、重度になると身体的な障害を引き起こしたり、胸郭内のスペースが狭くなり、呼吸困難を引き起こしたりする可能性があります。
・一般的には思春期直前の成長期である10〜15歳頃に症状が現れ始めます。しかし、それより年齢が低い人にも高い人にも起こり得ます。
・大部分の脊柱側弯症は、はっきりした原因がわかっていません。
・学校で検査を行うところもありますが、行わないところが多いため、定期健診の際にかかりつけの医師にお子さんの背中を検診してもらう必要があります。
・注意すべき点:両肩の高さが左右でちがう・片方の肩甲骨がもう片方よりも突き出している・ウエストラインが左右でちがう・片方の腰がもう片方よりも高い。
• 典型的な治療法として装具(コルセット)着用と外科手術があります。しかし、ケビン・ラウ先生は脊柱側弯症を治療するために非外科的療法を提供しています。どんな治療法を選択するかは、脊柱側弯症の進行程度とタイプとによります。治療は早く始めるほど効果が高くなります。

お子さんにこの弯曲があると思われる方は、ケビン・ラウ先生の診察を受けるため、今すぐ当クリニックまでご連絡ください。

subscribe

JOIN OUR MAILING LIST.

Be the first to learn about health and scoliosis research and special events.