成人側弯症に関する5つの驚くべき事実

あなたが思うより多くの選択肢と病のコントロールが可能です

成人側弯症の診断を受けた方は皆さまが思う以上に身体や病をコントロールする力があります。医師は患者の病を改善する為は様々な治療オプションを提案してくれ、自分自身でも日々の生活を有効的に送る方法が身につくはずです。ここでは成人側弯症について 驚くべき事実を5つ紹介しています。

驚くべき事実#1:脊柱側弯症と診断された場合、おそらく手術は必要ないでしょう

脊柱側弯症と診断されると、唯一の治療の選択肢は 大手術になることを多くの人は恐れています。

「手術が必要なのは脊柱側弯症を患う人のほんの一部に過ぎなく、多くの患者は、手術を選ばずに症状をうまく管理することができます」とケビン・ラウ博士は述べます。

脊柱側弯症の治療では、脊柱の湾曲を固定するのではなく、症状を緩和することを目的としている場合が多く見られます。

「成人側弯症患者の治療は、正常な背骨を持つ患者の腰痛の治療方法によく似ています」とラウ博士は言います。治療には背骨を強化してバランスさせるための理学療法などが含まれ、痛みを和らげる為に抗炎症薬や硬膜外注射が処方されます。

投薬や理学療法で痛みを十分に緩和できない患者は脊柱減圧術が必要な場合があります。

「脊柱側弯症の手術治療法を検討している場合は、医師と相談して毎年何回脊柱矯正手術を行っているかを確認してください。あなたの手術が経験を持った専門医によって行われていることを確かめてください」とラウ博士は言います。

驚くべき事実#2: 症状があるかどうかは背骨のカーブの大きさと位置で定められません

年を取るにつれてあなたの背骨の機能は低下し始めます。背骨の力が弱まるにつれて、湾曲し始めるかもしれません。 何の症状もない方もいるでしょう。また、一部の人は腰痛や足の痛み、しびれなどの症状を経験することもあります。

「側面から人を見ると、脊柱には3つの自然な弯曲があります。背中に1つ、背中の中央に1つ、首元に1つ弯曲あります。人は年を取るにつれて、背中の生理的弯曲を失いやすくなります。これが問題を引き起こし、症状を引き起こします」とラウ博士は言います。

驚くべき事実#3:成人側弯症には二つのタイプがあります

成人側弯症には二つのタイプがあると医師は言います。 1つは、よく10代の患者にも見られる脊柱側弯症です。これは特発性側弯症と呼ばれており、場合によっては成人期に湾曲が進行し、症状を表すこともあります。 場合によっては成人期まで診断されないケースもあります。

二つ目のタイプは一般的な脊柱側弯症であり、構築性側弯症と呼ばれます。このタイプは老化により背骨の湾曲が発達し腰が曲がったように見えます。

驚くべき事実#4:喫煙は腰と首の問題を引き起こします

脊柱側弯症の治療に加えて、症状を暖和 するために自宅でできることもあります。 ラウ博士によると、「あなたができる最も重要なことは禁煙です。喫煙は、腰や首の問題を引き起しえるもっとも大きな原因であります」。

驚くべき事実#5: 脊柱側弯症をお持ちの患者も運動をすることができます

脊柱側弯症を持つ多くの患者は運動を制限するように忠告されているが、ラウ博士はこれに対して異なる意見を持っています 。 「脊柱側弯症を持つ患者は身体的に活発な人ほど、症状が悪化する可能性が低くなります」とラウ博士は述べます。もし肥満体型である場合、体重減少は脊柱側弯症の症状を軽減するのにも役立ちます。骨密度を管理し、骨粗鬆症の治療を受けることも重要です。

胸椎の過後弯について

胸椎の過後弯(所謂せむし)は、胸椎が前方に湾曲している状態のことを意味します。

すべての年齢の人々が影響される可能性があり、前かがみの姿勢になるなどの症状が見られます。しかし、過度な後弯の原因は人によって異なります。

人間は皆脊柱に生理的弯曲があります。しかし「背中の丸み」が45°以上の場合、過度な後弯(hyperkyphosis)状態であると判断されます。

胸椎の過後弯の症状:
•肩こり
•腰痛
•背中の上部分が湾曲しているように見える

一般化することはできませんが、胸椎の過後弯を持つ一部の患者は、疲労などの症状を訴えます。こういった症状は患者が自分に自信がもてないなど、社会的ストレスを含むあらゆるストレスで悩む原因へとつながります。

胸椎の過後弯の原因

胸椎の過後弯の最も一般的な原因

•間違った姿勢 – 椅子にまっすぐ座ることができず、よく猫背になっている人は数年後に胸椎の過後弯につながることがあります。

•ショイエルマン後弯症 – 椎体が適切に成長せず、主に若者に影響を及ぼす病です。胸椎の過後弯につながる可能性があります。

ショイエルマン後弯症についての詳細

•先天性疾患 – 赤ちゃんの背骨が子宮内で適切に発達しない場合に発生します。 新しく生まれた赤ちゃんに胸椎の過後弯を引き起す場合があり、子供が成長するにつれて症状が悪化します 。

脊椎の外傷、栄養欠乏を含む他の要因も胸椎の過後弯を引き起こす可能性があります。

胸椎の過後弯の治療

胸椎の過後弯の治療は原因によって異なります。 最も一般的な治療法は下記のとおりです。

•理学療法
•体幹ギプス
•手術治療

当クリニックでは、上記の方法で胸椎の過後弯で悩んでいる患者さんを対象に治療を行っております。 治療を通して胸椎部の円背角度を減少させ、脊柱の視覚的外観を改善するのを目指しています。 さらに、この治療法は痛みやこりからの苦痛を和らげることができます。 また、患者が外科的治療を避け、当クリニック独自のエクササイズを通して脊椎湾曲を矯正できるよう努力しています。

ケビン・ラウ博士の治療法についてもっと詳しく知りたい方は当クリニックまでお気軽にお電話で予約をお取りください。

前向きコホート研究による40°以上側弯の脊柱側弯症患者のゲンシンゲン装具(GBW)を用いた治療の予備結果

要旨

序論:

脊柱側弯症と診断された患者やその家族の脊椎融合手術に対する抵抗が高まっています。手術治療法が長期に渡りどのような影響を及ぼし、脊柱側弯症患者の生活の質を改善させるという決定的な証明がない為、40°以上の側弯が見られる患者は経過観や装具療法などの保存的治療法を考慮に入れるのも必要です。この前向きコホート研究は骨格未成熟患者の進行を防止する上でのゲンシンゲン装具(Cheneau型TLSO)の有効性を判定します。

実験材料および方法:

この前向きコホート研究は2011年以来55名の患者が登録されています。この報告書では、うち25名の患者を最低追跡期間18ヶ月、平均追跡期間30.4ヶ月(SD 9.2)に渡り調査し、中間結果を表示しています。これらの患者は治療開始時に次の症状が記録されています: 49°コブ角(SD8.4; 40-71°);平均年齢12.4歳(SD 0.82);リッサー:0.84(SD 0.94; 0-2)。この結果の成功率をBrAISTコホートの成功率と比較する為Z検定を行いました。

結果:

経過観察後では44.2°(SD12.9)の平均コブ角を観察しました。 25名の患者の内2名は進行し、12名は進行を抑制することができ、11名は容態が改善しました。体幹回旋角度(ATR)胸腰椎側弯が12.2°から 10.1°に低下し(p = 0.11)、ATRは4.7°腰椎側弯が3.6°に減少しました(p = 0.0074)。このコホートにおける患者の成功率とBrAISTコホートの成功率を比較すると、その差は統計的に有意であることが判明しました(z = -3.041; p = 0.01)。

結論:

ゲンシンゲン装具を使用した保存的な装具治療は40°以上のAISを持つ患者の92%で成功しています。 これは、BrAIST研究(72%)により発表された結果と比較しても劇的な矯正率です。 ATRの減少は姿勢の改善も可能であることを示しています。

出所:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29399229

脊柱側弯症のための適切なエクササイズを選ぶには

入念に吟味され組み立てられたエクササイズプログラムをとおし、筋力・機能・耐久力を改善することが可能です

 私は数多くの患者さんの治療にあたっていますが、その中には脊柱側弯症(背骨がふつう以上に横に曲がっている状態)を患っている人たちがいます。脊柱側弯症の患者さんの背中を見ると、 背骨が片側に弯曲しているのがわかります。弯曲の角度はほとんど目立たない場合もあれば、その反対に非常にはっきりしている場合もあります。一般的に、弯曲の形はアルファベットのCまたはSに似ています。診察の結果脊柱側弯症が疑われる場合は、診断を確定するためにさらに検査(レントゲン撮影またはその他の画像診断法)を受けるよう医療専門家により指示されます。

脊柱側弯症の診断が下されると、患者さんはこの病気とそれに伴う症状とを最善の方法で管理するためのオプションを提示されます。一般的にこれらの症状には、筋肉組織および筋力の不均衡・呼吸困難・軽度から中等度の背中の痛みが含まれます。エクササイズは通常、治療オプションの1つとして含まれています。私の考えでは、運動をしてもよいと診断された脊柱側弯症の患者さんは、痛みや機能障害を悪化させないようなやり方で各自の機能レベルを改善し、筋力と耐久力とを増進することに最大の関心を向けるべきだと思います。また、筋力およびコンディショニングエクササイズは、日常生活と健康状態全般とを改善するのに役立ちますが、この病気の治癒を目的としているわけではないことを認識することが大切です。

私は脊柱側弯症の患者さんのために機能的なフィットネスプログラムを組み立てるにあたり、他のすべての患者さんに対するのと同じアプローチを用いています。異なるタイプの人間の動き―上半身が押す・引く、下半身の「レベル変化」、体幹の回転および移動(ある地点から別の地点へ動くこと)―に基づいてエクササイズを選びます。個々の筋肉を鍛えるボディビルディング型エクササイズ法ではなく、多くの筋肉を使い、それを日常生活の動作に似たかたちで動かすような運動を患者さんに提供します。雪かきをしたり、食料品の袋を運んだり、赤ちゃんをベビーシートに寝かしたりするときにあなたがどう動くか考えてみてください。そうすれば私がどんな動きについて語っているか、おわかりになるでしょう。

肝心なのは、身体活動は避けるべきではなく、周到かつ有意義な方法で計画されるべきだという点です。エクササイズと動きの中には避けるべきものもあれば、強調されるべきもの、また試行錯誤を経て「慎重に進める」べきものもあります。

「脊柱側弯症特定」エクササイズは、脊柱側弯症の弯曲を軽減もしくは安定させるために特別に考案された矯正運動です。このエクササイズは理学療法士やカイロプラクターなど、資格あるリハビリテーション専門家によって処方され、その指導のもとで行わなければなりません。フィットネストレーナーやヨガインストラクターには、これらの矯正エクササイズを指導する資格はありません。

運動をしてもよいと診断された脊柱側弯症の患者さんのためのエクササイズプログラムに対し、私が適用したいルールがいくつかあります:

・バーベルスクワットのように、おもりのついた棒を両肩にかついで背骨に荷重をかけるのを避ける。
・ヨガのポーズのように、うつ伏せになって上体を後ろに曲げる動きを避ける。
・ウエストを極端によじったり回転させたりするのを避ける。
脊柱側弯症の患者さんのためのプログラムに加えたい動きには以下のようなものがあります:
・背骨の柔軟性を維持するための全身バランス調整ストレッチ
・プランクのような体幹の安定強化をめざす動き
・身体の両側の筋力を均等にするための体軸調整エクササイズ

あなたご自身のエクササイズプログラムをカスタマイズし、50以上の脊柱側弯症特定エクササイズを学ぶには、拙著『自然療法による脊柱側弯症予防と治療法』またはDVD『脊柱側弯症改善と矯正エクササイズ』をご利用ください。

脊柱側弯症とお子さんのための注意点

脊柱側弯症はあまり知られていない病気ですが、かかりつけの医師がお子さんの背中をチェックするのはこの病気の有無を調べるためです。

脊柱側弯症について知っておくべきことがら

・脊柱側弯症は脊柱の変形であり、男性にも女性にも起こりうる横方向への弯曲です。弯曲はS字型の場合とC字型の場合があります。
・この弯曲は軽度の場合もありますが、重度になると身体的な障害を引き起こしたり、胸郭内のスペースが狭くなり、呼吸困難を引き起こしたりする可能性があります。
・一般的には思春期直前の成長期である10〜15歳頃に症状が現れ始めます。しかし、それより年齢が低い人にも高い人にも起こり得ます。
・大部分の脊柱側弯症は、はっきりした原因がわかっていません。
・学校で検査を行うところもありますが、行わないところが多いため、定期健診の際にかかりつけの医師にお子さんの背中を検診してもらう必要があります。
・注意すべき点:両肩の高さが左右でちがう・片方の肩甲骨がもう片方よりも突き出している・ウエストラインが左右でちがう・片方の腰がもう片方よりも高い。
• 典型的な治療法として装具(コルセット)着用と外科手術があります。しかし、ケビン・ラウ先生は脊柱側弯症を治療するために非外科的療法を提供しています。どんな治療法を選択するかは、脊柱側弯症の進行程度とタイプとによります。治療は早く始めるほど効果が高くなります。

お子さんにこの弯曲があると思われる方は、ケビン・ラウ先生の診察を受けるため、今すぐ当クリニックまでご連絡ください。

バレエは脊柱側弯症のリスクを増大させる?

あなたがバレエダンサーなら、脊柱側弯症をわずらっている人を知っているかもしれませんね。私と同じように、あなた自身がその病気を持っているかもしれません。

ご存知ないかもしれませんが、ある種のライフスタイル要因が脊柱側弯症にかかるリスクを増大させる可能性があります。『ジャーナル・オブ・ボーン・アンド・ジョイント・サージャリー』誌に最近掲載された研究によると、クラシックバレエの訓練もその1つ。バレエと低ボディマス指数(痩せ)が組み合わされると、そのリスクがさらに増大します。

「女性の脊柱側弯症は、ちょうど少女たちがバレエ訓練を真剣に始める頃に発症します」と、バンダービルト大学医学センターの臨床整形外科&リハビリテーション科助教授であり、ボストンバレエ団の元チーム医であるレオン・スコット博士は言います。「私の経験では、バレエの生徒さんたちが脊柱をどう維持すべきか教えられているやり方は、脊柱の自然のカーブに反しています。幼い頃からバレエを習い始めること・バレエ訓練の回数が増えること・バレエを踊る時間が長くなることが、脊柱側弯症に見られる異常なカーブが発生するリスクと関連づけられています」

私は子供の頃クラシックバレエの訓練を受けており、十代の頃脊柱側弯症の診断を受けました。私はラジオシティ・ロケッツにダンサーとして入団し、脊柱側弯症により引き起こされる痛みが耐えられなくなるまでダンスを続けました。私は現在、認定を受けたピラテスのインストラクターであり、脊柱側弯症の患者さんの指導を専門にしています。スコット博士と私は、リスクの軽減に役立つ5つのヒントを考案しました:

1. 積極的に自分の身体の変化をモニターしましょう。これは特に10〜18歳の人にあてはまります。一方の肩がもう一方よりも高くありませんか? 肋骨の片側が前に突き出していませんか? 腰の片側がもう一方よりも飛び出していませんか? これらの不均衡は脊柱側弯症の症状かもしれませんから、気がついたら出来るだけ早くかかりつけの医師の診察を受けましょう。バレエの先生方へ:生徒さんたちがいつも矯正するのに苦労している身体の不均衡に注意を払ってください。

2.毎年の健康診断の時、脊柱側弯症スクリーニングも行ってもらえるよう頼みましょう。

3. バレエが要求する脊柱の位置をサポートできるよう、体幹を鍛えましょう。これにはバランスボールやフォームローラーなどの道具を使ったエクササイズが役立ちます。これらのエクササイズは、脊柱と骨盤のニュートラルなバランスポイントを見つけるよう身体に強いるからです。

4. 自分のボディマス指数(BMI)に注意を払いましょう。BMIが低いバレエダンサー、特に13歳未満あるいは十代のバレリーナたちは、初潮が遅れる可能性があります。このため、ホルモンと神経系の病気である脊柱側弯症にかかりやすくなるのです。

5. もしご家族の中に脊柱側弯症の患者さんがいるなら、自分の身体の変化に常に注意を払うようにしましょう。脊柱側弯症は遺伝することが多いからです。

もし脊柱側弯症の診断を受けたとしても慌てないでください! それは必ずしもバレエダンサーとしての夢の終わりではありません。外科手術を受けることなく脊柱側弯症を上手に管理していく方法がたくさんあるからです。

脊柱側弯症装具を着用した人生とは

昼も夜も1日中動作が制限され、身体を曲げることもできないとはどんな感じかご想像ください。それは脊柱側弯症装具を身につけている人が感じていることなんです。

脊柱側弯症は脊柱の異常な弯曲。脊柱が冒されるだけでなく、全身に負担がかかります。これには肺・心臓・神経・関節が含まれており、身体のあちこちに慢性的な痛みを引き起こします。

私が幼い頃から、母は私の背中が弯曲していることにずっと気づいていました。X線検査の後、医師は私の病気は29度の脊柱側弯症だと診断を下しました。そして私たち親子に、私には中度のカーブがあり、治療しなければやがて重度となり外科手術が必要になるだろうと告げました。

治療法は、私の身体に合わせたプラスチック製の大きな装具で、昼も夜も着用しなければなりませんでした。当時の私はまだ9歳。その状況にたくさんの複雑な思いを抱いていました。装具は尾てい骨から肩のすぐ下まで届くものでした。最初学校につけていくのは大変でしたが、幸い友達みんながサポートしてくれました。からかう代わりに興味を持ってくれ、自分たちもつけてみたがったくらいです。子供たちが私の装具を叩こうとしてこぶしを傷めてしまった時は大笑いでした。それでも装具の着用は時として耐えがたく、特に暑いフロリダに住んでいたときは大変でした。

装具を使用しだしてから2年目の夏に私はニューヨークに引っ越すことになり、新しい友達を作らなければならないだけでなく、彼らに私の装具を知ってもらわねばならなくなりました。私の新しい友人たちは精神的にも身体的にも私を支えてくれました。時がたつにつれ私は背が伸び、古い装具が小さくなりすぎたので、取り替えなければなりませんでした。まるでカニが古い甲羅を脱ぎ捨てるように。

私のカーブが急にひどくなったのは去年の夏のことです。成長期のため、わずか3ヶ月でなんと12度も進行し、41度になってしまいました。かかりつけの医師は、あと5度進行したら、近い将来外科手術を受けることになるだろうと警告しました。

私は今でも装具を着用しており、今のところ外科手術を受けずにすんでいます。私の装具は私の親友でも最大の敵でもあり得ます。それは私に独立心と自信を持つことを教えてくれただけでなく、この病気を受け入れることも教えてくれたうえ、たくさんの子供たちや大人たちにこれについて語る勇気を与えてくれました。脊柱側弯症を患っていることは時として戦いではありますが、それは私を定義するのではなく、かえって強くしてくれます。私はたわめられたけど、折られてはいないのですから!

脊柱側湾症治療に装具は有効か?

脊柱側湾症は、背骨が湾曲してしまう障害です。子宮内で脊椎が正常に形成されなかったり、肋骨が癒合してしまい、先天性の脊柱側湾症として出生時に発見されることもあります。この場合、男女の性別に関わりなく乳幼児に与える危険性はほとんどありません。

神経筋に関係する脊柱側湾症は、特定の病気(二分脊椎、筋ジストロフィー、ポリオ)で筋肉に障害が起こったものを指します。筋肉制御の弱さ、筋肉自体の弱さ、筋肉麻痺といったものが障害として挙げられます。特発性脊柱側湾症は明確な原因がなく、思春期特に女子に多く見られます。思春期の成長時期に湾曲は悪化する傾向にあります。思春期特発性脊柱側湾症になってしまった肥満の患者には、装具はあまり効果がありません。

脊椎の成長度、湾曲の位置や大きさ、側湾症の原因によって、その治療法は変わります。思春期の患者で、湾曲の角度が24~40度の場合、更なる湾曲防止のために勧められる治療法のひとつが装具着用です。ボストン型、ミルウォーキー型、ウィルミントン型、チャールストン型といった様々なタイプがあります。各装具はそれぞれ機能の違いがあり、医師が患者に最も適したものを選びます。装具は特定の場所に圧力をかけることで、脊椎をまっすぐにする働きがあるとされています。また装具の利点は患者の体の成長に合わせて、調節ができる点です。

側湾症の治療で基本的に勧められるのは装具着用で、24度~40度の中程度湾曲を持つ思春期の患者に良いとされます。装具着用による効果を確認するはっきりとした証拠はないまま、この治療法は薦められてきました。固くて弾力のある装具をの着用は脊椎の湾曲矯正に効果があるとはされていますが、研究では明確な答えは出ていません。この治療法が側湾症患者に有効なのかに結論を出すには、更なる調査が必要です。

our_bracecaption41960年代から1970年代にかけて側湾症エクササイズの影響から装具に関する研究は未完成なものが多く、側湾症装具の優先順位は低いものでした。研究参加者は側湾症エクササイズをするように指導され、このエクササイズは症状である湾曲や痛みを改善することが狙いではありませんでした。側湾症を専門とする整形外科のグループは、エクササイズにとってかわるように装具着用を推し進める形で研究を始めました。

学術研究誌に発表された最近の長期研究では、装具治療の有効性について、特に脊椎湾曲の悪化を休止させる効果や著しい悪化による手術の予防に効果があるのか疑問を投げかけています。

モントリオールで開催された2010年SOSORTミーティングで、演説者は装具着用によって起こりうる悪影響の可能性について言及しました。 人間の背骨に構造がよく似ているネズミの尾に装具をつけた場合、椎骨の変形率が増加し、そのうえ、湾曲が悪化する可能性が高くなるというのです。

装具の不要性については、Scoliscore(スコリスコア)遺伝テスト作成者によって作られた以下のグラフに示されています。装具治療の結果と、思春期特発性脊柱側湾症患者の予想される症状悪化が、遺伝要因による側湾症の発症の可能性を加味して2つのグラフに表示されています。2つのグラフ線はほとんど完全に一致しており、装具は症状の変化に有効ではない治療であることを強調しています。

装具治療の有効性が実際は低いことに加え、着用が非常に嫌がられる理由は他にもいくつかあります。装具は脊椎を固定させるために、皮膚に密着するように作られています。そのためプラスチック製の装具着用は患者にとって不快なもので、皮膚にダメージを与えることもしばしばです。プラスチックと擦れることで皮膚が荒れたり、傷だらけになってしまいます。こうなってしまうと皮膚の荒れが治るまで、装具着用は控えなければなりません。また装具は、皮膚が黒ずむ原因にもなります。病院では装具着用の際、下着として綿のシャツを着るように指導されますが、あまりその効果はありません。

天候もより状況を悪くします;つまり蒸し暑い天気での装具着用はつらいもので、患者は体を冷やし乾かすために一層苦労しないといけないわけです。
装具治療は非常に制限が多く、厳しい環境でおこなわれます。患者はまず決められた時間を守って装具を着用し、一日数時間から始めます。じきに着用時間が延ばされ、一日23時間にも及びます。生活の中で行動に合わせて脱着するのが大変だと考える患者がほとんどです。思春期の患者にとっての装具最大の問題点は、周囲にその着用が分かってしまうことです。洋服の上からでも着用は明白に分かるので、患者が周囲の目を気にして自信喪失してしまう原因になります。私が診察する患者さんの多くが、装具治療開始数週間後には、自分に自信を持てなくなり、“醜い”と感じるようになったと話しています。既に病気によって辛い生活をしているにも関わらず、装具着用が更なる困難と感じるようになり、治療を拒むようになってしまいます。

近年における様々な発見に影響を受けて、患者は費用がかかり犠牲も大きな装具治療以外の選択肢も検討できるようになるべきです。私の著書“自然療法による脊柱側湾症予防と治療法”では、脊柱側湾症を発症させる遺伝子の発現を変えることで病気に立ち向かおうという考えを基にしています。食生活の変化で、患者の脊柱側湾症を発症させる遺伝子を抑え、これにより悪化を停止させる、同時に“脊柱側湾症予防矯正エクササイズ”DVDで紹介するエクササイズをおこない、書籍で紹介している治療用具を使用することで脊椎を元通りの位置に矯正しようというものです。

脊柱側湾症手術 - 高額費用の価値はあるか?

病気によってはその治療の方が困難きわまることもあります。

側湾症手術は平均 10時間かかり、体の側面および背面に執刀します。私の場合は背骨に3本の金属棒をいれ、それを5本のねじで止めています。骨の成長を助けるために、手術では肋骨を1本と椎骨6個を切除し、腰の下方(右臀部)から骨移植をしました。移植により、背骨の間の隙間をうめるように固定して……

– Scoliosis Surgery: Corey McConnell’s Experience(脊柱側湾症手術:コリー・マッコネルの体験)から抜粋

惨たらしいと思うでしょうが、まだまだこれは序の口です。側湾症矯正の脊椎手術は思春期の患者とその両親にとって、かなり酷な体験になります。脊椎手術では、体の組織や骨に与えるダメージの大きさとそれに伴って起こりうる一生続くひどい痛みが残ることがしばしばです。

さらに酷いことには、非常に高額な手術にも関わらず結果が必ずしも保証されていないのです。多くの場合、治療自体が病気より困難なのです
それなのに何故、多くの患者が脊椎手術を選択することになるのでしょうか?

これは大変難しい質問です。

当初は私も見落としていたことですが、我々の多くが長年手術以外の治療はないと考えられてきたせいで、外科医がメスを使うことなく脊柱側湾症が治せる“魔法のような”治療法はないと思い込んでいるからです。

この考えから、近年、私は何百という患者さんとの体験と、自身の治療法をもとに更なる研究をし、ついに外科的手段に頼らない治療法があることを突き止めました。

非外科的側湾症矯正は首のゆがみ、腰痛、骨盤のずれといった脊椎に関わるその他の障害にも有効で、安全かつ手術のような痛みを伴わない療法です。

非外科的側湾症矯正の技術は、ドイツで開発されたシュロス方法やイスラエルのVertetrac(バーテトラック)システム、アメリカでよく使用される振動療法など、側湾症をはじめ腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアなどに用いられる世界各地の治療法の利点を集約したものです。

非外科的側湾症矯正には痛みが伴わないのと同時に、費用も莫大なものではなく(手術費用のほんの一部にも満たないほどです)副作用もありません!たった一つ、治療に必要なものは、患者さん自身が治療エクササイズを続け、目標を持ってアドバイスを守っていく心構えだけです。
非外科的側湾症治療には以下の点を注意しておこないます:

栄養学療法

我々は摂取する食物によって体が形成されています。多くの人が理解しているように、体に良い栄養とバランスの取れた食生活は健康に最も重要な要素です。腰痛を持つ人の多くが驚かれるかもしれませんが、食生活と栄養、体重管理は、腰痛予防や怪我の治癒など、腰の健康にも大きな影響を与えるのです。脊椎の骨と筋肉、そしてその他の組織は良い栄養とビタミンが必要で、これらを得ることにより、体全体を支えたり、他の脊椎が持つ機能をおこなうことができます。脊椎に良い栄養のガイドラインを理解することで、患者さんは食生活にそれらの情報を取り入れられます。

姿勢と体のバランスを整えるトレーニング、現在脊柱側湾症治療における、外来物理学療法、入院患者向けリハビリテーション、そして効果が立証された装具に関する大きな研究があります。サウジ医学ジャーナルに発表されたトルコの研究者によるこの報告は、シュロス3次元療法 - 私も自分のクリニックで思春期特発性脊柱側湾症の患者さんに使用しています - の実施後6週間、6ヶ月、1年後で、全ての患者に筋力増加が見られたというものです。更に、患者の変形した姿勢が著しく改善されたとも報告されています。

カイロプラクティック

Foundation for Chiropractic Education and Research(カイロプラクティック研究教育財団)による費用$143,000、3年間をかけた研究によれば、中程度の側湾症がある小児患者にカイロプラクティック治療を施した場合、脊椎湾曲が軽減されるそうです。治療を受ける際に、脊柱側湾症治療について知識があるカイロプラクターを必ず探すようにします。知識のない療法士はお決まりのパターンで脊椎を“整体治療”して、湾曲を戻そうとしがちです。健常者にはこの方法が有効かもしれませんが、側湾症患者には効き目がなく、実際には症状を悪化させることも起こり得ます。
最先端技術の医療器具

私のクリニックで使用している最新技術を取り入れた医療器具を紹介します:

振動療法

振動プラットフォームは、宇宙空間での骨と筋肉維持を目的として、ロシア宇宙飛行士によって研究されました。私のクリニックでは、脳がより効果的に筋肉へ指令を送れるようにする目的で導入しました。バイブレーションマシンの上に乗ると、人間の体の筋肉は姿勢維持のために何度となく早い速度で活動しなくてはなりません。その回数は一秒に50回になり、バランス感覚と筋肉刺激の活性になります。ですから、振動療法を用いたエクササイズや脊椎リハビリテーションと振動なしを比べた場合、3倍もの効果が得られるわけです!

Meditrac & Vertetrac(メディトラックとバーテトラック)

Dr. L. Stabholz and Dr. A. Grober研究によるこの牽引器具は驚異的な改善をもたらしました。
彼らは、疼痛のある(坐骨神経痛性脊柱側湾症)患者に違った方向、角度での牽引をすることで、正常な直立姿勢を取り戻し、筋肉の痙攣を軽減させ、完全に姿勢を回復させられることがあるのを発見しました。現在、私のクリニックでもMeditrac & Vertetrac はリハビリ治療段階で多く使用され、椎間板のその周辺組織の血行を良くするために活躍しています。

ショックウェーブ(衝撃派)療法

衝撃派療法は、ある種の筋骨格障害治療に用いられ、強い超音波を患部にあてるものです。機械が発する衝撃波が保護パッドを通して患部に届き、傷ついた組織と石灰化した部分を分解することで、新しい骨格形成する刺激を与えて失われていた組織の再生とカルシウム吸収を助け、側湾症患者の完全または一部治癒に効果があります。

非外科的脊椎徐圧療法

FDA承認のこの技術は椎骨の隙間を広げることで痛みを取り除きます。この治療は重度のヘルニア、変形障害、関節炎、狭窄症や神経根へ圧力がかかってしまっている場合などに非常に素晴らしい効果があります。2004年におこなわれた整形外科技術レビューによる臨床研究では、脊椎に痛みがある患者の86%が徐圧療法によってその痛みを軽減させています。

側湾症の治療時期はいつがいいのか?

側湾症でもどんな腰の問題でも、できるだけ早い時期に治療をするのが最善です。適時な治療開始により、最大5度の湾曲軽減が可能で、この角度の差は、症状を完治できずとも改善させるという状態から病気の完治を実現できるという違いに発展します。

私の治療で患者さんの念頭に置いていただかないといけないことは、手術が1日から2日の入院とそれに続くリハビリで完了するのに比べて、常日頃からの努力と意欲を持った生活、時間が要する点です。しかしそれだけの価値がある治療であり、安価で手術よりも安全です。

考えてみてください。全米では毎年650,000件もの腰痛関連手術が実施されており、その費用は200億ドルを超えます。

“この莫大な費用がもっと重要なものに有効活用できないものだろうか”とラッシュ大学の元整形外科学部長であるガナー・アンダーソン博士は言います。アンダーソン博士と彼の医療チームは、人の健康状態とその人の医療費用には何の関連も見られないとしています。つまり、我々は必要でない手術にお金を浪費してしまっている可能性があるということです。

皆さんには是非この統計結果の一部になっていただきたくないものです。

脊柱側湾症:脊椎手術の危険性

脊柱側湾症は患者に2つの面から影響を与える病気です。まず、患者に非常な痛みと不快感を与えます。若い患者ではこれが顕著にあります。耐え難い辛い痛みのせいで、患者の中には大量の薬の服用を強いられたり、ベッドに寝込んだりする人もいます。

痛みと不快感に加え、患者に与える精神的苦痛も大きなものです。患者の多くが、実際に起きている背骨の湾曲自体は軽度であっても、周囲の目が気になる、自信が持てないなどの自意識の問題に悩まされると話します。こういった精神的な要因は、湾曲の治療が進んで改善されたとしても、心に根付いてしまいます。

脊柱側湾症に関して驚くべき事実のひとつが、治療手術について多くの人に正しく理解されていないことです。子供に側湾症があり、その両親が子供を心配するあまりに、手術での治療が容易で即座に結果の出る素晴らしい手段と考えてしまうことがあります。しかし、手術は非常に侵襲的で、時には患者に手術前より酷いダメージを残してしまうこともあります。恐怖心ばかりを与えるつもりではありませんが、側湾症手術の事実について正しく理解すべきです。

医師によって脊柱側湾症と診断されると、多くの場合は治療法の決定まで経過観察を勧められます;しかし、重度の湾曲の場合には手術が検討されることもしばしばです。

脊柱側湾症治療としてだけでも、年間30,000件の脊椎手術がおこなわれており、その頻度の多さが理解していただけると思います。表面だけみると、手術工程は金属棒を湾曲部分の両端の椎骨に取りつける、と非常に簡単に表現されます。金属棒の取り付け、臀部からの骨移植による助けや移植をせずに椎骨だけで癒合するようにします。手術医も患者も、癒合で背骨の湾曲が軽減することを願って手術を実施するのです。

しかしながら、実際にはそう簡単にはいかないのです。手術後何週間も、患者は装具を着用しなければいけません。これは体にメスを入れておこなわれた手術による痛みで、装具を着用することでその痛みを軽減できるとされています。

多くの矯正手術で可能性があることですが、症状が手術前の状態に戻ってしまう場合もあります。spinal12

人体のどの部分においても、矯正がおこなわれると体はこの変化に従うように仕向けられます。しかし体が矯正された状態に馴染むまでには、たいてい長い時間がかかりますし、時には体が矯正に従わず、元の状態に戻ってしまうこともあります。

このように手術が思うように成功しなかった時の結果は非常に酷いもので、その場合ほとんどの患者は医者の元へ再び通い、悪化してしまった腰痛の改善を訴えますし、場合によっては再度の手術を余儀なくされることもあるのです。

こういった問題の他に、どんな種類の手術でも起こりうる感染症や合併症の心配もあります。

手術で使用された麻酔の副作用が出る患者もいます。感染症や合併症が起こるケースは稀ですが、脊柱側湾症治療に手術を検討する場合は充分な考慮が必要なのは理解していただけると思います。

アメリカでもっとも多くおこなわれている側湾症の手術はハリントンロッド方式です。約20,000件の手術がこの方式でおこなわれています。手術費用はかなり高く、通常は約$120,000になります。

ハリントン方式がアメリカで最も多く実施される手術でありながら、同時に併発する可能性が認識されている問題についても正しく理解されるべきです。例えば、ある世界有数の科学ジャーナル誌では、手術には実際のところ、脊椎湾曲を矯正する可能性が非常に少ないと報告しています。
また同ジャーナルでは、手術後の長期にわたる人体への悪影響が“正しい認識を得ていない”とし、そのため患者が手術を望み、結果脊椎に取り返しのつかないダメージを与えることになっていると言及しています。

別の有名ジャーナル誌でも、手術が患者に与える生活の質への変化は著しいものがあるとしています。つまり、手術を受けたことにより、患者の身体可動性が非常に制限されてしまい、生活の質が悪化するというのです。ヨーロッパ脊椎ジャーナルでは近年この問題を大きく取り上げており、手術を受ける患者は脊椎の可動範囲に制限が出たり、可動しなくなる可能性がある点について情報提供をしています。簡単に言ってしまえば、これは障害を持つのと同様のことです。

問題点は簡単なことなのです。患者は側湾症手術を受けることがこのような形でその後の人生に影響を与えると説明されないのです。手術が非常に侵襲的であるにも関わらず、患者の多くが手術による支障は、体の動きにほんの少ししか残らないと信じています。大半のケースでそうはなりません。
また患者の多くは、手術することで患者が望むような湾曲の矯正が可能であるかのように説明を受けます。実際には、側湾症の脊椎手術は長期にわたって脊椎をまっすぐにする効果があるものではなく、半永久的に効果が持続するというものでもないのです。

ですから、読者のあなたやあなたの家族などで側湾症の手術を考えている方は、手術には世の中でいわれているような曲がった脊椎を治す効果はなく、場合によっては症状を悪化させたり、体に障害を残してみなさんの生活に大きな支障を与えることをしっかりと理解しておくべきです。