images1

治療された他の症状

Bone-Spur_04

以下のボタンをクリックして詳細をご覧ください:

背中の痛み

backpain-Recovered_03

シンガポール国民のうちおよそ75-85%が生涯で何らかの背中の痛みを経験するという事実をご存知でしょうか?背中下部の痛みの多くが身体を弱くし、痛いというのも事実です。いいニュースがあります!ほとんどのケースは非外科療法で良い効果がでます。しかし、背中下部の痛みを体験しているすべての患者の50%は1年以内に同じ症状が繰り返されてしまいます。

診断過程だけでも関連する費用は年間約500億ドルです。背中の痛みは仕事を休む,最もよくある理由です。実際、医者を訪れる2番目によくある理由が背中の痛みで、上気道感染症のみがその回数を上回っています、慢性的な痛みだけでも、その個人的な費用は測ることはできす、その痛みは非常に強いことが何回もあると健康的で満足いく生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。

また、ほとんどの場合の背中の痛みは、よくあるものと思われ,気にならないもので、そして、普通その痛みはがん、骨折、感染のような大きな症状により起こされるものではありません。脊柱と脊柱の健康に悪い影響を与える多くの症状の分析は複雑です。背中の痛みの原因の最も簡単な説明に関する情報を以下に記載しています。

背中下部の痛みのいくつかの共通の原因

背中に痛みを感じるのは、多くの場合は重いものを持ち上げた後、突然動いた後、長時間1つの場所に座っていた後、怪我の後か事故中などです。

そのような痛みを感じる前に、すでに脊柱構造には弱さが存在するか、あるいは脊柱構造内の組織の整合性が失われているのです。

背中に痛みを引き起こしている特定の理由は多くの場合、特定するのは困難です。特定できても、できなくても背中下部の痛みはいくつかの可能性があります。

  • 椎間板膨張か椎間板ヘルニア
  • 筋肉、靭帯、椎間関節、仙腸関節の損傷や摩耗
  • 強い筋肉のけいれん(非常に強く筋肉に残る)
  • 椎骨の変性
  • 脊椎骨の固定化の不適合
  • 脊椎すべり症
  • 変形性関節症
  • 脊柱管狭蒴症
  • 変形関節症からの脊柱への小さな骨折
  • 背中を支える靭帯か筋肉の痛みか肉離れ
  • 脊柱の湾曲 脊柱側弯症や円背のように固有のもので、子供や十代によく見られるもの

脊柱の湾曲 脊柱側弯症や円背のように固有のもので、子供や十代によく見られるもの

  • 強直性脊柱症、しばしば脊柱に影響を与える関節の炎症。
  • 前立腺がん
  • バクテリア感染、バクテリアは感染部分のどこから、IV薬物から、静脈毒物、血流に乗り、脊柱まで運ばれます。しかし、手術か注射治療中,あるいは怪我の結果としてもバクテリアは直接脊柱に入ります。背中の痛みも骨の感染症(骨髄炎)か脊髄の感染症の結果です。(多いのは脊髄をカバーする部分で骨髄炎と呼ばれます)。
  • 骨と脊柱の靭帯、脊髄、神経根で発達する脊柱の腫瘍と増大。
  • ホネパジェト病(異常な骨の発達で骨盤、脊柱、頭蓋骨、胸と足に起こります)。
  • ショイエルマン病は脊柱(椎骨)脊椎の1つか2つの骨が楔形に変形し発達します。この症状は脊柱の彎曲、(背中の円形化、脊柱後弯症)を引き起こし,胸の周辺によく見られます。

もし、以下に該当する場合は、背中下部の痛みの危険が特にあります。

  • 建設業界、あるいは重いものを持ち上げる、体を曲げたり、ひねる仕事、体全体にに振動を与えることが多い仕事をしている。
  • 喫煙、運動をしない、肥満。
  • 30歳以上。
  • 妊娠中。
  • 姿勢の悪い方。
  • 関節炎、骨粗鬆症。
  • 痛みを感じにくい。

非外科的治療は手術より良い選択ですか?

backpain-Recovered_05

ほとんどの場合、オーチャードクリニックで行われる、非外科的手術は通常の手術より良い選択です。これは手術は問題のある椎間板のすべての部分を取り除くことにより、肉体的に脊柱を変えるためです。手術は神経への圧力を減らし、背中の痛みを取り除きますが、健康的な上下の骨盤に更にストレスを与えやすいからです。

どんな手術でも、脊柱の手術には危険が伴い、その合併症は深刻です。ありうる合併症としては、脊髄、神経、食道、頸動脈、声帯の損傷、骨の溶解、治すことの困難さ、器具の破壊と失敗、感染、骨の移植組織の痛みなどです。

他の合併症は 足の静脈炎、肺の血餅、排泄の問題などがふくまれます。

慢性的な背中下部の痛みを取り除く手術は通常の集中リハビリより効果は低く、費用はほぼ2倍になります。

実際には手術や薬物治療が必要となったケースはわずかであるという事実を無視できません。実際、あるケースでは手術は背中の痛み苦痛を大きく取り除いた場合もあります。しかし、手術は常に最後の手段で、従来型治療が失敗した場合のみ行われます。

手術決断前で、他の手段が尽くされたならラオ先生の革新的な治療を試されることをおすすめします。