images1

椎間板ヘルニア

Bone-Spur_04

以下のボタンをクリックして詳細をご覧ください:

椎間板ヘルニア

backpain-Recovered_03

椎間板ヘルニアは、円形の椎間板が損傷し、柔らかい内部髄核が通常の形から破裂した時に起こります。もし、円形が脊柱管の近くで破れたら、髄核は脊柱管に押し込まれます。脊髄の周り、特に胸郭の周りに,わずかな余分な隙間があります。椎間板ヘルニアは背中の中部に起こるときは、その症状が極めて深刻な時です。深刻なケースでは、脊髄への圧力はウエストより下の麻痺を引き起こします。幸運なことに、椎間板ヘルニアは背中下部や椎間板、腰椎のように胸郭にはよく発生しません。

原因

椎間板ヘルニアは稀ですが子供にも起こります。本当の髄核の椎間板ヘルニアは若い、中年の大人によく起こり、普通は背中下部におこります。 胸椎の椎間板ヘルニアはその多くの場合、40代から60代によく起こります。高齢者にとり、加齢とともに脊柱に起こる退行性変性は真性の椎間板ヘルニアにかかる可能性を低くします。

はしごから落ちたり、座っている姿勢を取るのは、脊髄に大きな力を引き起こします。もし、その力が強すぎると、椎骨は砕けるか椎間板は破裂します。もし、腰を曲げ重いものを持ち上げようとし、重すぎると、その力が椎間板を破裂させます。

椎間板は僅かな力でも破裂し、通常は脊柱年輪が度重なる怪我で弱くなり、時間が立つにつれ弱くなっていきます。脊柱年輪が弱くなると、ある時点で持ち上げたり。腰を曲げるのは脊椎周辺に多くの圧力を起こします。弱くなった椎間板は5年前には問題なかった動作でも破裂するかもしれません。これは脊髄の高齢化の影響で胸椎の椎間板ヘルニアの一番多い理由です。

脊椎管で髄核から破裂した物質は脊柱管の神経に圧力を加えます。その髄核での破裂物は神経根に化学刺激を与えるという証拠もあります。神経根への圧力と化学刺激は神経根機能に問題を引き起こします。神経根への圧力と化学刺激の結合したものが痛み、弱み、しびれを身体に引き起こし、神経感覚に影響を与えます。

胸椎では、圧力は脊椎に影響を与えます。これは胸郭脊柱管に僅かな隙間しか無いためであり、脊椎への強い圧力はウエストから下の麻痺をもたらします。

症状

Herniated discs and Normal discs

椎間板ヘルニアの最初の症状は、痛みです。 痛みは通常多くの場合、背中に感じられ、直接、傷んだ椎間板の上で痛みます。痛みは体の前部へも広がります。神経上の圧力や痛みは症状を引き起こします。どの神経が影響されてるかにもよりますが、椎間板ヘルニアは、体の他の部分、心臓、腹部、腎臓などからきていると感じられるような痛みをともないます。

椎間板ヘルニアはしばしば、脊髄に対し圧力をくわえます。圧力が加わるときの症状は以下のものが含まれます。

胸椎での椎間板ヘルニアは

  • 筋肉の痛み、しびれ、一方か、両方の足のうずき
  • 両方の足か一方のしびれを引き起こす反射神経の増大
  • 膀胱、腸機能の変化
  • ウエストから下の麻痺

頚椎の椎間板ヘルニアは

  • 首を動かすときの痛み
  • 肩甲骨の上と近くの強い痛み
  • 腕や指まで広がるかもしれない痛み

椎間板ヘルニアの痛みはゆっくり広がり、時間をかけてか、特定の活動時に悪くなります。椎間板ヘルニアの症状は数週間から数ヶ月でよくなります。