images1

脊柱後弯症

Bone-Spur_04

以下のボタンをクリックして詳細をご覧ください:

脊柱後弯症

buildingdisc3

脊柱は3つの部分に分かれます。頚椎(首)、胸椎(中央)、腰椎(腰)、 それぞれの部分はそれぞれ違った普通の弯曲があります。頚椎は後部へのCのように見え、前弯と呼ばれます。胸椎は通常のCの形で身体の前部でCが開いていて、後弯カーブと呼ばれています。腰椎は頚椎のような後部へのCの形で前弯カーブと呼ばれています。

脊柱後弯症は異常な弯曲のタイプを表す病名で、脊柱が大きく前方へ曲がっています。 脊柱前弯症は様々な症状と度合いがあり、脊柱の形の小さな変化から、重度の変形、神経への問題、慢性的な痛みなどです。脊柱の変形が大きいほど、問題がより深刻です。

脊柱前弯症は胸椎でよく見られ、頚椎と腰椎にもまた影響を及ぼします。胸椎での脊柱前弯症は胸椎の自然な弯曲を大きくします。 頚椎と腰椎での脊柱前弯は脊柱の通常の内側へのカーブが逆になります。これは脊柱の異常な前へのカーブを引き起こします。

脊柱前弯症の治療法は時間をかけて進歩してきました。今日では、重度の脊柱前弯症による変形を治す効果的な治療法は選択肢も多くあります。脊柱前弯症には多くの違ったタイプと原因があります。これらの脊柱の曲がりと治療法は、特定の症状とともに以下に詳細と診断と治療法が述べられています。