images1

足の痛み

Bone-Spur_04

以下のボタンをクリックして詳細をご覧ください:

足の痛み

leg-pain_03

足の痛みは多くの潜在的なケースにおいて、非常に広い話題です。ここでは、足の痛みに関して、考えられるいつくかの件について触れてみます。痛みの適切な評価についてはご自身の主治医にご相談ください。

足の痛みは非常によく見られます。その原因は筋肉の痛みから、変性の関節の病気まで幅広いです.足は痛みやすく、腰、膝、踵と足と共同しながら体全体の体重を動かし、サポートします。

運動や絶え間ないストレスと痛み、不適切に行われる活動、重い物を持ち上げるのは足に痛みをもたらします。それに加え、胴体での多くの状況は手足全体に症状が広がる兆候を作り出すかもしれません。

足の痙攣は、足の痛みでおおい不満で、運動の後や肉体の化学作用のバランスが崩れるためにおこります。循環上の問題、動脈閉塞や血餅は足の痛みのその他の原因です。

皆さんは椎間板ヘルニアか椎間板膨張か変性の椎間板症、脊柱管狭窄と診断されているかもしれません。それなら、足の痛みの原因は神経の圧迫か炎症が原因の可能性があり、それは背中下部に痛みを感じ始め、しばしば、足の痛みになる神経根症になります。もし、問題がこれであるならば、脊柱減圧術療法で多くの人が痛みの和らぎを感じています。この療法がすべての人にとって正しい治療法ではないかもしれません。治療に向いていると考えられる患者にとっては、椎間板の怪我の治療、足の痛みを減らすのに高い成功率があります。脊柱管狭窄は脊柱神経に減圧をもたらし、足の痛みもが現れてきます。足の痛みはまた、糖尿病や慢性的アルコール依存症のような神経病の結果である可能性もあります。

かかりつけの医師の診断により、足の痛みの原因を特定するのが最初の段階です。個々の医師がいくつかの検査をし、痛みが起こるかもしれない原因を見つけます。これらのテストは整形外科、カイロプラクテック、背中下部のx線などの画像検査、神経伝道検査、血液検査、ドプラ超音波検査などで、血液循環テストか足の血圧測定テストをします。

足の痛みの緩和はその原因への治療をも含みます。もし、足の痛みが、腰椎から来ているのであり、椎間板ヘルニア、椎間板膨隆、座骨神経痛、変性椎間板であるなら、非外科的な脊柱減圧術治療により大きな効果をあげれられます。

他の健康管理法としては生活習慣の修正があり、循環器系や神経系の健康向上、薬物治療かフジカルセラピーなどがあります。生活習慣の修正には健康的な体重維持、常時運動する、タバコをやめるなどがあり、足の痛みを止める可能性があります。