images1

首の3D歩行可能牽引装具

eqp-pic1

首の3D歩行可能牽引装具

3dpic2

セルビコ2000と呼ばれる、3D歩行可能牽引装具は完全に新しく、重度で慢性の首の痛みの治療に使われます。首の痛みの実際の原因のために使われる効果的装具で首の痛みをなくします。セルビコ2000は頚椎に減圧を行うことにより、椎間板ヘルニアや斜顎、鞭打ち症による痛みを減らし疾患を強く治療することで知られています。

患者が満足していただくために、セルビオ2000は独自に効率的に設計されていて、通常の首治療装具や壁に取り付けられた機器とは違います。

セルビオ2000の優れた機能の1つは、対称及び非対称の頚椎への牽引ができるということです。


その利益と優れた性能

より短い治療期間ですみます。セルビオ2000により治療期間はかなり楽になり、以前の通常のやり方より短くなり、1日、平均で15−20分ですみます。かなり短い治療期間により、患者は拘束されずに日常の活動と生活により楽に対処できます。


完全な動作の自由

早い回復のため、患者は動き、簡単な活動とエクササイズをすることを奨励され、治療中は動けることも奨励されます。


この装具を使用できる方

  • 頚椎の椎間板起因の疾患、骨関節炎、退行性変性らが首の痛みをもたらしている場合。
  • 交通事故後、骨の破損交換のないむち打ち症になった場合。
  • リウマチ、筋肉の収縮による斜顎、斜顎で神経症の症状がある場合。
  • コンピュータの長時間の使用、針作業、秘書やオフィスでの仕事による首の痛み。
  • スポーツによる怪我で骨の破損と交換の場合。