images1

ScolioEase™牽引ベルト

ScolioEase™牽引ベルト

S$350.00

ScolioEase™牽引ベルトがどのように機能するかは、肋骨の下部と腰骨の最上部(腸骨陵)とのあいだに装着するとき一番よく証明されます。ベルトによって引き上げる力が働き、腰部にかかる圧力が軽減します。垂直方向に拡張可能な気柱が実質上の「ボディ・ジャッキ」を作りだし、脊髄減圧を可能にします。その結果、神経圧迫による腰痛と放散痛が除去されます。

SKU: stb equipment Category:

ScolioEase™ 牽引ベルトとは? 

脊柱の病気やケガが原因の腰痛を治療するための最新技術を謹んでご紹介いたします。ScolioEase™ 牽引ベルトは独自の「エアポケット拡張システム」を導入。椎骨への圧力を大きく軽減し、痛みの緩和および治療に非常に効果的です。ScolioEase™ 牽引ベルトは全く新しいデザインを採用。術前・術後の患者さんに大いに役立ち、柔軟性を向上させます。
ScolioEase™牽引ベルトは、垂直気柱を使って利用者の胴部をやさしく持ち上げます。ScolioEase™牽引ベルトは軽量で薄く、非常に使いやすくできています。痛みの緩和とケガの予防に役立つだけでなく、背中を安定させ、可動性を向上させます。衣服の下に簡単に装着でき、長時間の運転・歩行・立ち仕事などの日常業務に支障をきたすことはありません。スポーツやレジャーなどを含む可動性に関連したアクティブなライフスタイルも、ScolioEase™牽引ベルトを使用することで容易になります。

ScolioEase™牽引ベルトがどのように機能するかは、肋骨の下部と腰骨の最上部(腸骨陵)とのあいだに装着するとき一番よく証明されます。ベルトによって引き上げる力が働き、腰部にかかる圧力が軽減します。垂直方向に拡張可能な気柱が実質上の「ボディ・ジャッキ」を作りだし、脊髄減圧を可能にします。その結果、神経圧迫による腰痛と放散痛が除去されます。

ScolioEase™牽引ベルトは重力による圧縮効果を取り除き、アクティブリハビリテーションを助けます。椎骨と椎骨のあいだの空間が広がり、椎間板が本来あるべき位置に戻るため、「自然な」痛み軽減につながります。

ScolioEase™  Traction Belt

箱の中に入っているものは?

  • ScolioEase™牽引ベルト
  • 取扱説明書
  • 空気ポンプ  

ScolioEase™ 牽引ベルトはどう機能する?

How the ScolioEase Belt Work

  • 膨らませていないベルトを肋骨下部と腰骨のあいだに巻きつけます。ベルトが胴回りにしっかりと正しく装着されているか確認してください。
  • 付属の空気ポンプを使ってベルトを完全に膨らませてください。ベルトは13cmから21cmにまで垂直方向に拡張されます。これがベルトを装着した脊柱の部位に牽引効果を生み出します
  • 気柱が垂直方向にゆっくり拡張するとき、ScolioEase™牽引ベルトの減圧・牽引効果により、椎骨と椎骨のあいだの空間が広がります。
  • 治療前:椎間板の脱出または膨隆により神経根が圧迫され、脊柱の痛みを引き起こします
  • 治療後:ScolioEase™牽引ベルトを「ボディ・ジャッキ」として利用するとき、気柱が拡張して椎間腔が広がり、その結果、腰部にかかる重力および圧力が減少します。

ScolioEase™牽引ベルトの特長

  1. 重力および圧縮荷重の影響を軽減し、脊柱側弯症に関連した筋けいれん・こむら返り・緊張・痛みを緩和します。
  2. 脊柱側弯症・変形性椎間板/関節症・座骨神経痛・脊椎症・脊柱管狭窄症を原因とする痛みの緩和に役立ちます。.
  3. 椎間板を牽引することで、主に脊柱側弯症や椎間板膨隆/脱出が原因の背中・腰・太もも・脚・足の痛みが軽減します。
  4. 脊柱側弯部への圧縮荷重を軽減するため、重い荷物を持ち上げなければならない人たちや、長時間運転したり座っていなければならない人たちの助けとなります。
  5. 正しい姿勢の維持を助けるため、側弯症が見られる腰椎全体に均等に重量を配分できるようになります。
  6. 衣服の下に装着できます。
  7. 快適に装着でき軽量なので、装着時に安全な範囲で体を動かすことができます。
  8. ソフトで丈夫な綿100% の素材で作られています。

ステップごとの取扱説明書

装着方法

重要
注意事項:食事中または食後最低1時間は、ScolioEaseTMを装着しないでください。適切なサイズをお選びください。ベルトのサイズを正確に決めるため、腹囲(へそ周り)を測定してください。

サイズを決めるため、腹囲を測定します。

  • 1) サイズを決めるため、腹囲を測定します。
  • Hold the ScolioEase TM Traction Belt

  • 2) ScolioEase TM 牽引ベルトを胴体の後ろにあて、お腹周りに巻きつけます。両端が胃のあたりにきたら、バルブがついている方を上にして重ねます。ベルクロ(面ファスナー)ができるかぎりきっちりと留められていることを確認してください。画像2をご参照ください。ベルトがきっちり締まり、固定され、つけ心地のよいことが大切です。
  • Prior to inflating the belt

  • 3) ベルトを膨らませる前に、バルブが時計回りに固く締められていることを確認してください。付属の空気ポンプにはクリップがついており、クランプ(画像4を参照)を強くつまむことで簡単にバルブに装着できます。
  • Use the pump supplied with the ScolioEase TM Traction Belt

  • 4) ScolioEase TM牽引ベルトシステムの付属品である空気ポンプを使って、ゆっくり膨らませます。気柱が少しずつ膨張してゆき、ユーザーは「持ち上げ作用」を感じ始めます。
  • 5) ScolioEase TM牽引ベルトによって望ましい持ち上げが達成された後、または心地よい減圧の後、空気ポンプをつないでいるクランプをはずします。
  • Use the pump supplied with the ScolioEase TM Traction Belt

  • 6) 1日3回、1回につき2~3時間ずつ、またはかかりつけの医師のアドバイスにしたがって装着してください。
  • Additional information

    Weight 1092 g
    Dimensions 25.3 × 31 × 7 cm

    Reviews

    There are no reviews yet.

    Be the first to review “ScolioEase™牽引ベルト”

    Your email address will not be published. Required fields are marked *